Logistic Solution物流システム
仕事Zukan
ファクトリーオートメーション事業
物流システム事業

Logistic
Solution 物流システムの仕事

ネットショッピングなどの急速な普及により、年々複雑かつ高度化している物流業界。オフィスエフエイ・コムは最先端のICT技術で、クライアントごとに異なる物流現場の状況や要望に応じて、合理的・統合的かつ最適な物流システム・物流オペレーション・物流ロボティクスを提案・構築しています。

before
after
入荷された製品の品目・数量・品質をカメラでチェック

コンベアで流れてくる製品の「品目・数量が予定通り入荷されているか」「品質に問題がないか」を、ラインに設置されたカメラが自動でチェック。スピーディーかつ正確に確認することができます。

more
ロボットが製品を効率的に積み込む

搬送するためのパレットに製品とコンテナを積み込む作業を、ロボットが行います。一度に多くの荷物を効率よく運べるよう、カメラで製品の形状やサイズを感知しながら安定した積み方を実現できます。

more
入荷した製品を、保管場所まで自動で搬送

「AGV」や「AGF」という無人搬送車で、決められた場所まで自動で運ぶことができます。入荷した製品を保管場所まで自動搬送、出荷する製品を梱包場所まで自動搬送、などの使い方が可能です。

more
保管棚への収納や在庫整理もロボットにおまかせ

自ら棚を持ったロボットが製品の入ったコンテナをピックアップして移動し、所定の保管棚に収納。分析結果に基づき、一度収納した物を別の場所に移動するなど、効率的な倉庫運営のための在庫整理も自動で行います。

more
棚ごとスタッフのところにやってくる!

出荷のためのピッキング作業時に、製品の保管場所までスタッフが行くのではなく、保管棚ごとスタッフのところに自動でやってくるシステム。必要な製品を取り出すと、また戻っていきます。

more
探し物のありかを棚が知らせてくれる!?

保管棚に設置された表示器が知らせてくれる「デジタルピッキング」や、保管棚の上部に設置された投影機による「プロジェクションピッキング」で、目的の製品を探すのもラクラク!

more
出荷検品や仕分けも無人化

ピッキングされた製品が正しいかの検品は、入荷時同様、ラインに設置されたカメラで自動チェック!出荷先ごとに荷物を仕分けすることも、無人で行うことができます。

more
scroll

オフィスエフエイ・コムのMISSION

倉庫物流・工場物流の
  • 省人化・無人化・コストダウン
  • 分析に基づく作業効率や安全性の追求

オフィスエフエイ・コムの強み
STRONG POINT

独立系SIerだからできる、
柔軟・自由・最適な提案

オフィスエフエイ・コムは、コンピューターメーカーなどの親会社を持たない「独立系SIer」。使用するハードウェアやソフトウェアが制限されず、クライアントごとに最適な情報システムの設計・開発を、柔軟かつ自由に行うことができます。

部署を超えた連携で
より高度な技術が実現

オフィスエフエイ・コムにはFA(ファクトリーオートメーション)を請け負う部署もあり、ロボットのスペシャリストが数多く在籍。部署を越えた連携で、近年ますます求められる画像認識や制御の高い技術力を活かした、より高度な提案が可能です。

様々な業種の企業が
抱える物流課題を解決

私たちの提案力・技術力の高さが評判を呼び、皆さんもよくご存知のお菓子メーカー、健康食品メーカー、運送会社、鉄道会社など、様々な業種のクライアントより、倉庫物流・工場物流システム最適化のご依頼を次々にいただいています。

Logistic Solutionの仕事の流れ
WORK FLOW

Step01
要件分析・検証
まずはクライアントが倉庫内をどのように自動化したいのかを詳しくヒアリング。予算や工期も考慮の上、要求を整理します。
Step02
要件定義
クライアントの要求を実現するためにどんなシステム、どんな機器が必要か定義し、明文化。クライアントにご提案し、仕様を決定します。
Step03
設計開発
要件定義書をもとに、CADを用いてシステム全体の詳細な設計図を作成。実際に設置できるレベルまで落とし込みます。
Step04
現場テスト
設計図をもとに、クライアントの倉庫にシステムを設置。プラン通りにいかないことも多く、不具合を洗い出してバグの修正を行い、品質を高めます。
Step05
納品立会い
現場での確認・調整を重ね、問題なく動くようになれば成功!倉庫スタッフの方に新システムの使い方をご説明し、納品完了となります。
Step06
保守
納品したら終わり、ではありません。実際に稼働する中で生じた不具合への対応や消耗品の交換など、保守も責任を持って行っています。

エンジニアたちの声
STAFF VOICE

最先端の機器を扱う
面白さとプレッシャー

当社は独立系SIerなので、世界中の様々なメーカーから自由に機器を選び、提案することが可能です。国内ではまだあまり導入されていない機器を選ぶ際は、求められるパフォーマンスが出せるかどうかの見極めがとても重要。海外のメーカーに直接問い合わせ、議論を重ねる機会も多いです。

仕事場は物流現場!
直に聞けるクライアントの生の声

私たちの仕事は、クライアントの倉庫で作業をすることがほとんど。働いているスタッフの方々が実際にどのように倉庫内で作業しているのかを自分の目で見て、現在不便と感じるのはどんなことなのかを直接聞いて、プランを練り直すことも多々あります。

現場が変われば、
最適な物流も当然変わる

クライアントごとに倉庫の様子も当然異なります。現在の倉庫内のレイアウトや人と物の動きなどをしっかり把握し、どこをどのように自動化すると、より効率的になるのか。倉庫内で運ぶ製品のサイズや大きさは?通路の幅は?などを徹底的に分析し、クライアントに合わせた最適なプランを考えます。

完全自動化が
難しいフィールドでの
飽くなき挑戦

物流倉庫の自動化とは、入荷から出荷までの流れをコンピューターやロボットで自動化すること。しかし100%自動化(=無人化)することは、コスト的にも技術的にもかなりハードルが高いのが実情。限られたコストでクライアントの要望に応えるためのベストな提案を常に追求しています。

一秒でも早く!
人を待たせない
物流を目指す

例えば「自動搬送機が運んできた商品を、人が出荷先ごとに仕分けする」というように、人が行う作業と機械が行う作業が組み合わさるケースも多々あります。その際に心がけるのは、人を待たせずタイムリーに、取りやすい場所に製品が運ばれるようにすること。物流現場では速さと正確さ、そして人の作業のしやすさが重要です。

プランだけではなく、
実稼働するように
なるまでが仕事

機器選びやシステムの設計ができたら終わり、ではありません。実際に倉庫に設置し、システムや搬送機器の動線をうまくつないで稼働させるまでが私たちの仕事です。プランの段階では問題がなくても、実際に機器を動かしてみると正しく作動しないことは日常茶飯事。1つずつ根気よく原因を探り、改善していきます。

メッセージ
MESSAGE

オフィスエフエイ・コムの「ロジスティクス・ソリューション」は、ひとつとして同じものはありません。

最先端のICT技術を駆使してクライアントごとに異なる物流現場の状況に応じてソフトウェア・ハードウェアを組み合わせ、合理的・統合的かつ最適なプランを提案・構築しています。

一筋縄ではいかないから、完成した時の喜びは一際大きい。エンジニアの「やりたい」という気持ちが何よりも尊重される環境で私たちと一緒に挑戦し、その喜びを味わってみませんか?

ENTRY選考へ進む

選考へ進む

希望職種
お名前
お電話番号
メールアドレス
都道府県

お問い合わせ

希望職種
お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ